家族葬の前に勉強しよう

初心者のための家族葬情報サイト

日本は世界屈指の長寿大国なので、故人が会社を引退するなど第一線を退いていることも少なくありません。
そんな時は、友人知人やゆかりある人々も高齢になって会葬がむずかしい場合も多いため、近しい家族だけの家族葬が合理的で負担にならないとして人気を集めています。
家族だけで見送るのは、儀式や礼にこだわることを避けるためでもあるので、お供え物も返礼に困るような高額品は避け、将来まで残るものよりも消費するものを選ぶのがおすすめです。

家族葬でよく用いられるお供え物

家族葬でよく用いられるお供え物 家族葬といわれるのは血縁者に資格を限定するものではなく、故人の家族や近親者、ごく近い友人知人などで故人を見送る葬儀のスタイルです。
家族葬と名付けられているので家族以外の人が会葬しないことは非礼にはなりませんが、生前の交際のうえで特にお世話になっていたり、親しい関係の場合はご遺族に会葬の許しを得るか、またはお供え物を送らせていただくのがおすすめです。
近親者だけで見送る場合には、香典返しなどの返礼を省略したい場合があるので、お供えを送る場合にも返礼に困るような高額品は避けるのが無難です。
また、高額品以外でもあとまで残るものは避け、消費されるものを送るとご遺族が負担に感じる気持ちも軽くなります。
故人ご自身への贈り物として線香などが人気です。

家族葬でもお振る舞いの食べ物は必要?

家族葬でもお振る舞いの食べ物は必要? 葬儀をすると会葬に来ていただいた方や宗教者に対してい食事を振舞うことをお振る舞いと言います。
一般的には、参列者へのお礼の意味なども込められており、お振る舞いを行うことがほとんどです。
近年では、家族だけでお別れしたいという人も増えてきており、家族葬を行う人が増えてきています。
家族や親戚のみの家族葬の場合、お振る舞いの食べ物は必要か、という疑問が出てきます。
葬儀をするということは、仕方がないこととはいえ大変疲れるものです。
それに加えて、食事をすることによって死者の魂を鎮めて死の汚れを清める力があるとされており、家族や親戚だけの家族葬の場合であってもお振る舞いを行うことがほとんどです。
昔は肉や魚を避けることが一般的でしたが、今ではエビやタイなどの祝膳の食材を避ける程度となっており、大勢でつまめることのできるサンドイッチやお寿司などの大皿料理が用意されているケースが多いとされています。
また、お清めの意味としても日本酒やビールなどのお酒も用意されます。
これは仏式だけではなく、神式やキリスト教式でも同じで、お酒やお振る舞いを食べながら偲ぶ場所が用意されていることは多くあります。
食べ物は葬儀社が用意することが多いですが、故人の好きだった料理を含めると思い出話で場が盛り上がりやすくなります。

家族葬関連オススメサイト

神奈川県の各エリアにある家族葬の葬儀場・斎場・お葬式場です

神奈川県対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式

Copyright © 2018 家族葬の前に勉強しよう all rights reserved.