家族葬の前に勉強しよう

家族葬の内容

家族葬の内容

家族葬の内容 家族葬はその名の通り、家族で行う葬儀です。故人が生前親しくしていた人たちのみで送ることができます。
一緒に住んでいた家族や、近しい親族のみが集まり、小ぢんまりとした式を行うことができ、最後の瞬間を静かに過ごすことができるのもその特徴の一つです。家族葬は今や一般的なものとなりつつあり、その内容も充実しているため、多くの選択肢から、遺族と故人の思いを形にすることも可能です。思い出の写真を飾ったり、故人の好きだった曲を流すなど、細やかな対応が可能な葬儀社も多くあります。価格を低価格に抑えることができるのも魅力的だと感じる人が増えているので、その需要は伸びつつありますが、そのほかにもたくさんのメリットがあります。大勢の人を招くスタイルの場合には、喪主をはじめとする遺族が故人とのお別れをしっかりできないという場合もあるので、小ぢんまりとした葬儀が好まれているのでしょう。あいさつをしたり、お茶や食事の用意をすることも最小限にできる家族葬ならではの良さはさらに認知され、今後も人気が高まると考えられます。

費用の削減が家族葬の最大のメリット

費用の削減が家族葬の最大のメリット 家族葬は、バブル経済の崩壊以降急激に増加している葬儀形態ですが、弔問客及び参列者が遺族や親族と極限られた知人だけなので費用が大きく削減する事が最大のメリットとされています。
家族葬の増加には、集団就職による都市への人口の集中及び檀家制度の崩壊に起因して葬儀や埋葬などの葬式仏教に対する嫌悪感の増大が背景にあり、約90%近くの高齢者がコンパクトかつシンプルな葬儀を希望しているのが現状です。
家族葬は、弔問客及び参列者の数が極端に少なく人数が確定している事から一般的な葬儀の様に見ず知らずの故人の知人の接客を行う必要が無く、精神的にも肉体的にも負担が少ない事も大きなメリットとされています。家族葬は、遺族と親族や極限られた知人と気心の知れた人間だけなので対外的な見栄の必要性が無く、その為に拝金的な葬儀仏教のしきたりに従う必要が無く仏教に基づく僧侶の読経や道教に基づく位牌などが必要が無いので更に費用を削減する事ができます。

Copyright © 2018 家族葬の前に勉強しよう all rights reserved.