家族葬の前に勉強しよう

家族葬に案内をする範囲

家族葬に案内をする範囲

家族葬に案内をする範囲 以前の日本では、葬儀は多くの人が参列して盛大に行うのが一般的でした。しかし、少子化が進み葬儀に対する考え方が変わって行きました。
一般葬では、遺族は参列者に気を遣い故人と最後のお別れをする時間が取れないことも葬儀が変化した理由です。
そのため、最近では家族葬という形で葬儀を行う人が増えています。
ただし家族葬の声を掛ける範囲は、どこまで声を掛けたらいいか分からないと言う人も少なくありません。
家族葬という名前の通り、一般的には家族で行うものですが、もし故人と親しかった人にきてもらいたいと家族の方が思えば親しかった方に声を掛けます。家族葬は、家族で行う葬儀であるだけではなく、家族で参列してもらう範囲を決めてもらう葬儀でもあります。
もし家族だけで葬儀を行いたいと思う場合には、葬儀に時には案内を行わず葬儀が終わった後に、家族だけで葬儀を行ったことや故人の遺志で家族だけで葬儀を行うことにしたことを伝えましょう。

家族葬の準備でまず大事なのは呼ぶ人をあらかじめきちんと決めることです

家族葬の準備でまず大事なのは呼ぶ人をあらかじめきちんと決めることです 家族葬を準備する時は一般的な葬儀と違って呼ぶ人を決めることができるので、最初に呼ぶ人を決めることから始めることです。限られた人たちで行われる小規模な葬儀が家族葬なので、葬儀に参列する人の定義は明確ではありません。
そのため、参列者をあらかじめ決めておくことは大切な作業になります。これをあやふやにすると、一般葬と変わりのない葬儀になってしまうので注意が必要です。
基本的に家族葬に出席する人は親と配偶者、子や孫、兄弟姉妹、そして故人と特に親しかった友人などを加えて限られた人たちで執り行うのが普通です。
出席をお願いしない親族には会葬を辞退する旨をはっきりと電話で伝えることが大事で、友人や知人には葬儀後に近親者のみで済ませたことを手紙で知らせると良いでしょう。会社関係には、葬儀前に電話連絡で家族葬で会葬を遠慮する旨を伝えておけば失礼にはあたりません。
呼ぶかどうか迷った人がいる場合は、今後のお付き合いも考えて呼んでおいたほうが賢明と言えます。

Copyright © 2018 家族葬の前に勉強しよう all rights reserved.