家族葬の前に勉強しよう

初心者のための家族葬情報サイト

家族葬香典マナーの難しさ

家族葬香典マナーの難しさ 一般的な葬儀に参列するとき、仏教式の葬儀では御霊前と書かれた香典を持参します。
しかし家族葬の場合には、家族や親族、親しい友人以外は参列を遠慮してほしいと言われることがあります。
基本的に家族葬で行うときは参列と香典の受け取りを辞退していると考えてよいでしょう。
その時は参列をすることを控えて、香典も持参する必要はありません。
ただ生前、故人にお世話になったりしたときは、お悔やみの気持ちを込めて御霊前を渡したいと考えることがあります。
それでも家族葬を選んだのは故人や遺族の強い意志でもありますから、参列と香典は結構ですと言われたら、無理に渡すのは控えることが大事です。
もし香典を渡した場合は、遺族が香典返しを用意しなければなりませんから、逆に迷惑になっていることも考えられるからです。
どうしてもお悔やみの気持ちを表したいというときは、家族葬が終わってから遺族に相談をして、都合が良いときにお花やお線香に手紙を添えて渡すようにするのがマナーになっています。

家族葬へ行く際の持ち物

家族葬へ行く際の持ち物 突然の不幸で動転しているとはいえ、知らない間に常識外れなことをしてしまっていたり 失礼なことをしていたりするのは悲しいことです。
たとえ、小さな家族葬であったとしてもきちんと基本はおさえておきたいですよね。
今回は持ち物について説明していきます。
バッグについては、黒の無地でエナメルや光沢のある素材のものは控えます。
殺傷を連想させるものは避けるのが一般的ですが、家族葬においては黒の皮や合皮製品でも問題ありません。
その他、華美な装飾品がついているものや、虫系のデザインは避けます。
サブバッグを持つ場合も、同じように黒無地のものにします。
アクセサリー、基本的に悲しみの場には相応しくありませんので結婚指輪以外はつけないのが正式です。
それ以外につける場合は、控えめな一連のパールやブラックオニキスのネックレスにします。
数珠については、「本式数珠」と「略式の数珠」とがあり、本式数珠は宗派によってそれぞれ正式な形があります。
略式数珠は、宗派に関係なく使えるのでこちらを持っていくと無難です。

Copyright © 2018 家族葬の前に勉強しよう all rights reserved.