家族葬の前に勉強しよう

家族葬のメリット

家族葬のメリット

家族葬のメリット 家族葬は亡くなった人の家族を中心とする小規模な葬儀のスタイルを指しています。通常の葬儀では会社や地域の関係者など、それほど親しくはなかった人たちまでも集めることになるため、遺族としては挨拶などに時間をとられて静かに亡くなった人を悼む余裕がないのが普通です。その点家族葬の場合には、家族のほかは親戚や一部の友人程度の参列にとどまるため、落ち着いた雰囲気で葬儀に臨むことができるのがメリットです。
また小規模なことから費用の面でも家族葬のメリットは大きなものがあります。通常は数百万円単位でかかってしまうといわれているトータルの費用も、式場や祭壇を小型化したり、香典返しや会葬ハガキなどの物品を大量に用意しなくてもよいことから、半分以下の金額におさまるのが普通です。もちろん家族葬の形式とはいっても、導師としての僧侶を招いて読経をしてもらったり、参列者が焼香をするなどの基本的な要素は従来どおりですので、特に故人を粗略に扱うわけではありません。

家族葬のデメリット

家族葬のデメリット お通夜や告別式を一緒に行い費用を抑えたいときや静かに葬儀を行いたいときには家族葬はおすすめです。高齢者の葬儀や本人がシンプルな葬儀をしたいときにもおすすめですが、デメリットもいろいろあります。家族など極少人数で行うため、他の故人に関係がある人であってもお別れができない人が多くいます。後日弔問を希望する人も多く、葬儀後も暫く弔問客の対応が必要となり忙しくなります。弔問客がいらっしゃることはありがたいことと考えてしっかり対応するようにします。また、家族葬はまだまだイメージがわかない人もいます。
親族によっては一般的な葬儀と異なる家族葬の理解をしてもらえない可能性もあります。メリットや故人が希望していたことを伝える必要があります。家族葬は葬儀費用を抑えることができますが、一般葬では香典がある程度見込めるはずが、一般会葬者は参列しないため、香典をあてにすることができません。費用が一般葬よりも負担が大きくなってしまう可能性もあります。

Copyright © 2018 家族葬の前に勉強しよう all rights reserved.